Ryu Okubo

I was born in Kamakura, Japan in 1989.
I always work in the basement studio about my art.
I can be reached at d@ins-stud.io

  • 久しぶりにインディジョーンズの第1作目を観た。…続きを読む

    久しぶりにインディジョーンズの第1作目を観た。おそらく最後に観たのは6歳くらいの時かもしれない。ぼくはタンタンの冒険やカールじいさんの空飛ぶ家のような、昔ながらの冒険ものが大好きだ。程よく現実味があって極端な飛躍がないのがいいのかもしれない。そういえばアンチャーテッドというゲームもそんな感じですごく面白かったな。

  • 2020.09.14

  • 実は絵本の展示に参加している http://www.aoyamabc.jp/fair/rakugaki30 。…続きを読む

    実は絵本の展示に参加している http://www.aoyamabc.jp/fair/rakugaki30 。お世話になってるブロンズ新社の若月さんに誘ってもらった。僕が最年少の参加者だそうだ。五味太郎さんの絵を見ると、3歳くらいの時に母親と二人で住んでいた鎌倉の小さなアパートを思い出す。よく読んでもらった記憶はあるのだけど、あれはなんていう絵本だったか。

  • 2020.09.09

  • About Life Coffeeのドリップバッグが出来たそうだ。よく売れてるらしい、オンラインでも買えたりするのだろうか?今度聞いてみる。

  • 2020.09.07

  • 2020.09.01

  • CUPHEADを始めた。…続きを読む

    CUPHEADを始めた。難しすぎて頭がおかしくなりそう。こんなエクストリームなゲームとは知らなかった。それにしても、どのキャラクターを見ても作画するのが本当に楽しそうでこっちまで嬉しくなってくる。

  • 2020.08.31

  • 今日は低気圧のせいか体が痛い。…続きを読む

    今日は低気圧のせいか体が痛い。7月から描いていた絵が完成して、今日からまた新しいキャンバスを描き始めた。なんとか9月中旬には完成させたい。そういえば昨日、上の階の小料理屋からうちのアトリエに少し水漏れしたのだけど、それが随分と申し訳なかったらしく、板前のおじさんがさっきヨックモックを持ってきてくれた。ずっと怖い人かと思っていたけど意外と律儀な良い人だったな。

  • 2020.08.27

  • 最近人に会うと、なぜSNSをやめたのかと聞かれることが多い。…続きを読む

    最近人に会うと、なぜSNSをやめたのかと聞かれることが多い。これにはポジティブな理由もネガティブな理由もあるけど、どちらにしても今の自分には必要がなくなったように思う。しばらくはここで活動を報告していく☺︎

  • 2020.08.26

  • 2020.08.20

  • ここ数日、ゲームについて考える時間が増えてる。…続きを読む

    ここ数日、ゲームについて考える時間が増えてる。ゲーム制作には未知なる領域がありつつも、アニメーションを作り上げていくことに近い部分もあって、何か自分の中で徐々に制作のリズムが調和していくような感覚がある。とても簡単に言えば、制作が楽しくなってきたということ。

  • 2020.08.19

  • 去年から購読してるピーナッツ全集。…続きを読む

    去年から購読してるピーナッツ全集。毎月2冊ずつ刊行されてて、全部出ると26冊になる。実は今までピーナッツの完全な翻訳版は出ていなくて、これが初の全集だ。楽しく読んではいるものの、1冊で300ページ以上もあるから全く追いつかない。一生かけて読むしかない。

  • 2020.08.13

  • 今住んでる家のまわりは住宅街にしては自然が豊かなおかげで虫が多い。…続きを読む

    今住んでる家のまわりは住宅街にしては自然が豊かなおかげで虫が多い。素晴らしいことだと思いつつ僕はとにかく虫が苦手だから、いつも周りを警戒しながら歩いてる。この間は頭にセミが止まった。

  • 2020.08.11

  • しばらく立って絵を描いてると腰の痛みが出てくるせいで作業がなかなか進まず。…続きを読む

    しばらく立って絵を描いてると腰の痛みが出てくるせいで作業がなかなか進まず。最近は鈴木敏夫さんのラジオを聴きながら制作をしてる。スタジオジブリは知れば知るほどドラマチックな集団だ。僕は子供には魂の込められた創作物を見て育ってほしいと思っているけど、ジブリの作品はそのお手本のようなものだ。

  • 2020.08.09

Next Page »

Copyright all rights reserved. © Ryu Okubo