Ryu Okubo

I was born in Kamakura, Japan in 1989.
I always work in the basement studio about my art.
I can be reached at d@ins-stud.io

  • アプリゲーム用のスケッチ。…続きを読む

    アプリゲーム用のスケッチ。これを元にCGのモデリングとアニメーションをつけてもらう。全く意識していなかったけど3DCGで制作をするのはこれが初めてだ。またCGとは別で、手描きのアニメーションをゲームの中に登場させることになりそう。源さんとPUNPEEくんのビデオを区切りにしばらくアニメーションはやめようと思っていたけど、いつだって思い描いていたようにはならない。

  • 2020.10.14

  • 今日はPHINGERINの展示会で色々な人に会って、帰りにJ-COOKでカツレツを食べて帰った。

  • 2020.10.12

  • 最近は午前中にキャンバスに少し手を入れて、午後はゲーム制作のための絵コンテを描くのが毎日の習慣になってる。…続きを読む

    最近は午前中にキャンバスに少し手を入れて、午後はゲーム制作のための絵コンテを描くのが毎日の習慣になってる。絵の具が乾く間に他の作業ができたり、机に座りっぱなしになることがなくて肩も凝らないから効率が良いように思う。キャンバスのほうは、ちょうど1年前に完成させた絵を今になって最初から描き進めている。もう4回くらい同じ絵を描いてる気がする。ここまで来たら納得するまでいくらでも描いてやろうという気持ちになってきた。

  • 2020.10.09

  • 10月はゲームアプリの開発に集中する。…続きを読む

    10月はゲームアプリの開発に集中する。今までやってきたアニメーションが役に立つと思う。世の中に絵が登場する場面はとても多くて、一生かかっても追いきれない数の表現と媒体があるように思う。絵が絵のための絵である必要は全くない。

  • 2020.10.04

  • 今日は珍しくアトリエに色々な人が来た。…続きを読む

    今日は珍しくアトリエに色々な人が来た。直接人と会って世間話をするのは今の僕にはとても貴重なことだ。デザイナーの沼田くんに教えてもらったDavid Weissの絵が印象的だった。シーケンシャルな絵を描いていて共感するところがあった。今取り組んでる表現を自分はこれからどう拡げていけるだろうか。

  • 2020.09.29

  • 2020.09.23

  • 多摩動物公園。野崎くんに会うのは半年ぶりだ。つづきはアフリカ象を見てとても喜んでいた。象に葉っぱを食べさせたいと駄々をこねた。

  • 2020.09.23

  • Benny Singsのレコード制作のためのクラウドファンディングが行われてる。…続きを読む

    Benny Singsのレコード制作のためのクラウドファンディングが行われてる。https://bennysings.bandcamp.com/campaign/beat-tape これは僕が彼のためにいくつか描いた絵の中でもお気に入りの1枚だ。これがレコードになるのはとても嬉しい!日本からもオーダーが可能です、皆さんもぜひ参加してください。

  • 2020.09.16

  • 久しぶりにインディジョーンズの第1作目を観た。…続きを読む

    久しぶりにインディジョーンズの第1作目を観た。おそらく最後に観たのは6歳くらいの時かもしれない。ぼくはタンタンの冒険やカールじいさんの空飛ぶ家のような、昔ながらの冒険ものが大好きだ。程よく現実味があって極端な飛躍がないのがいいのかもしれない。そういえばアンチャーテッドというゲームもそんな感じですごく面白かったな。

  • 2020.09.14

  • 実は絵本の展示に参加している http://www.aoyamabc.jp/fair/rakugaki30 。…続きを読む

    実は絵本の展示に参加している http://www.aoyamabc.jp/fair/rakugaki30 。お世話になってるブロンズ新社の若月さんに誘ってもらった。僕が最年少の参加者だそうだ。五味太郎さんの絵を見ると、3歳くらいの時に母親と二人で住んでいた鎌倉の小さなアパートを思い出す。よく読んでもらった記憶はあるのだけど、あれはなんていう絵本だったか。

  • 2020.09.09

  • About Life Coffeeのドリップバッグが出来たそうだ。よく売れてるらしい、オンラインでも買えたりするのだろうか?今度聞いてみる。

  • 2020.09.07

  • 2020.09.01

Next Page »

Copyright all rights reserved. © Ryu Okubo