Ryu Okubo

I was born in Kamakura, Japan in 1989.
I always work in the basement studio about my art.
I can be reached at d@ins-stud.io

  • 無事にTeaserとWebを公開することが出来ました!…続きを読む

    無事にTeaserとWebを公開することが出来ました! https://creator-goosy.com/ まずは見てもらって、少しでもイメージが伝われば。8月末か遅くとも9月にはリリースできればと思います。早くみんなに遊んでもらいたい!

  • 2021.07.27

  • 早ければ明日にでもゲームのティザー動画とサイトが公開できればいいのだけど。…続きを読む

    早ければ明日にでもゲームのティザー動画とサイトが公開できればいいのだけど。それに合わせて、今週はゲームに関することを色々と書いていこうと思う。テストプレイをしてもらったり、プレゼンテーションの機会があったりして、今までずっと2人で密室的に作っていたものが徐々に手を離れていくのを感じる。

  • 2021.07.26

  • 最近のことを脈絡なく書く。…続きを読む

    最近のことを脈絡なく書く。4連休は特に遠出することもなく、家の周りでのんびり過ごしている。今日は1回目のワクチンを打った。悲しいことに予約が争奪戦になっていて、妻が根気よく予約を手に入れてくれた。今のところ腕の痛みはない(妻はだいぶ痛がっていた)。もうそろそろゲームのリリースの目処もついて、サイトを作ったり、広報について話し合っているところ。来週くらいにはティザーを載せようと思う。先週は小山田圭吾、小林賢太郎のことでなんだか疲弊した。自分も作品を作っている以上、あまり他人事とは思えなかった。2人とも10代の時の僕にとってはヒーローだったし。こうやってアウトなことが明るみになって、彼らの作品に感動してきた自分にどう落とし前をつけるか、みたいなところが僕らに試されているのだと思うけど、「肯定」「否定」とは別の選択肢も存在するんだろうな、しんどいけど。この「どうしたって切り捨てることができない」、みたいな感覚は自分の表現について考えるときにもよく直面する気がする。

  • 2021.07.24

  • 2021.07.14

  • ゲームアプリの制作もあって、絵を描くのがゆっくりになっていたけど、気がついたらずいぶん完成に近づいていた。…続きを読む

    ゲームアプリの制作もあって、絵を描くのがゆっくりになっていたけど、気がついたらずいぶん完成に近づいていた。今日初めて他人にこの絵のテーマについて説明した。決して明快ではなくて、絵の中に葛藤や矛盾が存在しているから、それを簡潔に話すとどうしても陳腐になってしまう。上手く話せるようになれるといいな。

  • 2021.07.09

  • マストさんの個展。…続きを読む

    マストさんの個展。数少ない絵描きの友達であり、尊敬する先輩でもあり。会う度に、僕に本質的な言葉を投げかけてくる人だ。数年前に高円寺のおもちゃ屋で大喧嘩したことは今思い返しても恥ずかしい。

  • 2021.07.04

  • つづきの熱下がらず、土日も一緒に家にいた。…続きを読む

    つづきの熱下がらず、土日も一緒に家にいた。久しぶりにDANの川上くんと電話して色々と近況報告をした。このコロナ禍で、僕はミュージシャンのお友達が多いからふと彼らのことを思い出して心配になってしまう。

  • 2021.06.29

  • 今週は娘が熱を出したから、週の後半はほとんど家で過ごした。…続きを読む

    今週は娘が熱を出したから、週の後半はほとんど家で過ごした。こういう突然のトラブルは子供がいれば日常茶飯事で、分かってはいるもののなかなか慣れないものだ。そういえば、ついにツインピークスを見始めた、、。

  • 2021.06.25

  • 2021.06.21

  • 作業台が新しくなったんです。…続きを読む

    作業台が新しくなったんです。大工のかじくんが僕のために作ってくれた、本当にありがとう。嬉しくて、意味もなく作業台の周りをグルグルと回ったりした。

  • 2021.06.18

  • 新しい絵の制作がなんとなく始まった。…続きを読む

    新しい絵の制作がなんとなく始まった。さあやるぞ!というよりは、もうこれしか選択肢がないだろうな、、という感じ、若干疲弊してきている。でも静かな興奮もある。

  • 2021.06.16

  • 初めてコインランドリーを使った。…続きを読む

    初めてコインランドリーを使った。布団は何故かちょっと乾いてなかった、70分コースにするべきだったのか。

  • 2021.06.14

次ページへ »

Copyright all rights reserved. © Ryu Okubo