Ryu Okubo

I was born in Kamakura, Japan in 1989.
I always work in the basement studio about my art.
I can be reached at d@ins-stud.io

  • 展覧会が始まりました!…続きを読む

    展覧会が始まりました!みなさんレセプション来ていただいてありがとうございました。1ヶ月やってるので、お時間あるときに是非見にきてください。
    https://parceltokyo.jp/exhibition/struggleinthesafeplace/

  • 2022.04.04

  • https://parceltokyo.jp/exhibition/struggleinthesafeplace/

    個展のお知らせです。…続きを読む

    https://parceltokyo.jp/exhibition/struggleinthesafeplace/

    個展のお知らせです。思ったよりも時間がかかってしまったけど、作品が一区切りついたから、展示をすることにしました。2019年から制作していた100号のシリーズと、去年描いた200号のシリーズ、ドローイングの連作を飾れるだけ飾ろうとしています。ギャラリーの皆さん、スタジオの仲間、家族、友達に支えられながら一生懸命準備中。このブログでも書いていた通り、この数年間色々なことを考えて、試行錯誤を繰り返しながら出来た作品達です。
    みんなに楽しんでもらえたら最高です。ギャラリーで会いましょう!

    Ryu Okubo solo exhibition
    "Struggle In The Safe Place"

    Term/会期 : 2022.4.2(SAT) - 5.1(SUN)
    reception : 4.1(FRI) 18:00-21:00

    at: PARCEL
    ddd 1F, 2-2-1 Nihonbashi Bakurocho, Chuoku, Tokyo
    東京都中央区日本橋馬喰町 2-2-1 ddd 1F
    Open : Wed-Sun 14:00-19:00
    Closed : Mon, Tue, 4.29(national holiday)

  • 2022.03.26

  • ハッピ〜バ〜スデ〜

  • 2022.03.21

  • 八紘美術さんで、作品集のための印刷に立ち合わせていただいた。…続きを読む

    八紘美術さんで、作品集のための印刷に立ち合わせていただいた。 全ページ見ながら細かく調整をしたのは初めての経験で、とても良い勉強になった!短いスケジュールの中で無理を聞いてもらって本当に頭が上がらない。

  • 2022.03.14

  • 2022.03.12

  • 知らない間に僕の絵がパペットになってた。…続きを読む

    知らない間に僕の絵がパペットになってた。こんなサプライズもあるんだな。benny、ありがとう!
    https://www.youtube.com/watch?v=WAcKdLtoewQ

  • 2022.03.10

  • 先週なんとか作品集の入稿が終わって、今週から多分印刷に入るらしい。…続きを読む

    先週なんとか作品集の入稿が終わって、今週から多分印刷に入るらしい。本の製作工程に詳しくない僕でにも伝わってくるぐらいヒリヒリとしたスケジュールで進んでる。素晴らしいものが出来ることを祈る。

  • 2022.03.07

  • 作品集のための文章を推敲する毎日。…続きを読む

    作品集のための文章を推敲する毎日。何回も書き直したり違うパターンを試行錯誤しているけど、これはなかなか難しい。出だしは良くても書き進めていくとネガティブになっていく。本当はそうじゃないのに!自己肯定を回避する癖がついてしまって、どの文章も徐々に自分を疑い始めていく。

  • 2022.02.22

  • 展覧会に間に合うように、全力で作品集に取り組んでいる毎日。…続きを読む

    展覧会に間に合うように、全力で作品集に取り組んでいる毎日。これは印刷の色を合わせるために、実際に使っていた絵の具で色見本を作る作業。何かしら必要な時が来るかもしれないと思って、使った絵の具は一応全部とっておいてあるのだけど、こんなところで役に立つとは思わなかった。

  • 2022.02.16

  • おばあちゃんが亡くなって、週末は鎌倉に泊まった。…続きを読む

    おばあちゃんが亡くなって、週末は鎌倉に泊まった。おじいちゃんも4年前に亡くなったから、これでもう2人の家は空き家になってしまった。改めて部屋を見渡すと、僕が小さい頃から様子が変わってないところも多くて、きっとこの30年くらいは彼らにとってゆっくりとした時間の流れだったのだろう。お棺に入っていた夫婦の若い頃の写真を見て、彼らの人生を想像したりした。

  • 2022.02.14

  • 4月に展覧会をすることが決まった。…続きを読む

    4月に展覧会をすることが決まった。あてがないままどんどん時間が過ぎてしまうのかと思っていたけど、年末にギャラリーの方が相談に乗ってくれた。一瞬の安心と、今はとてつもない緊張感がある。他人に作品を見せるのはいつになっても慣れないものだ。特に情報を隠すつもりはないのだけど、ギャラリーの都合もあると思うからまた改めて報告する!

  • 2022.02.02

  • 2022.01.21

次ページへ »

Copyright all rights reserved. © Ryu Okubo